MBA取得はとても大変だが価値はある!

MBA取得はどれほど価値のあるものなのか?キャリアアップや収入アップに繋がるのか? - MBA取得はとても大変だが価値はある!

MBA取得はとても大変だが価値はある!

iugligu
今ある現状に満足できないもっと高みを目指したい。そんなあなたなら「MBA」について一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
しかしMBAを取得することで具体的に得られるものなんでしょうか。またMBAを取得した後に実際にキャリアアップや収入アップは叶えられるのでしょうか。
ここではMBA取得におけるメリットとリスクについて紹介します。MBA取得を考える前に一度読んで自分も希望と合うか考えてみてください。

MBAとはいったいどんな資格なのか

「MBA」という資格があることはなんとなく分かっていてもそれがいったいどんな資格なのかきっちりと説明絵着る人って意外に少ないんです。
MBAとは「MBA(Master of Business Administration)」のことで経営学修士における修士課程を終了したものに与えられる学位のことなのです。ですから弁護士や公認会計士などと違い、ある期間学校に通いプログラムを修了したのちに与えられるのです。
現在では欧米の大企業の経営者の多くがこのMBAの取得者であるといわれています。MBAはビジネスリーダーが持つべきだといわれている経営の知識をある一定以上のレベルで持っていることを証明するといわれています。

海外、国内どちらでもMBA取得は可能

本来はMBAは海外へ留学して取得するのが一般的でした。しかし近年のニーズの高まりに伴い国内でも経営大学院を新設する大学が増えています。全日制の大学はもちろん、平日夜や土日の講義に参加しながら社会人でも取得ができるようになっています。しかし多くのMBA取得を目指す人は海外MBAに挑戦しています。いったいなぜなのでしょうか。

海外でMBAを取得するメリットとは

型額の本場はやはりアメリカです。アメリカはコンサルティングの発祥の地であり、世界をリードする大企業の多くはアメリカ発です。激動のビジネス界に対応できる最先端の知識を取得することが可能です。
また現代のビジネスは1国だけで商売をすることは不可能です。いつもグローバルな視点で判断を積み重ねていくことが大事です。日本にいては海外特有のビジネス習慣や文化を学ぶことは難しいです。短期留学や出張などで感じることはできますが、やはりじっさいに海外でせいかつしてみて初めて気づくことは非常に多いです。海外で外国人に囲まれながら生活をするという経験は消して日本では味わえないものです。
さらに海外MBAに挑戦をする時点である一定以上の言語能力は必要ですが、そのスキルを留学生活によってさらに伸ばすことができます。今や日本国内でも社に公用語を英語にする企業が出てきていますよね。耳にタコができるほど「英語は世界の公用語」という言葉を聞きます。これからビジネスの一線で活躍をしようと思うのなら英語は最低限のスキルとなっていくことでしょう。海外MBAでは経営学だけではなく、外国語でのコミュニケーションスキルを鍛えることが可能なのです。
またここで出会った人脈もこれからビジネス界で活躍していくには欠かせない財産になります。世界中から高い志をもったビジネスマンが集まるわけですから、いろんな人の考えに触れて自分のアイディアを膨らましたり新しいビジネスを思いつくこともあるでしょう。

海外でMBAを取得するデメリットとは

海外でMBAを取得するデメリットは、コストが非常にかかるという点です。コストとはお金はもちろんのこと、時間もかかるということです。
まずそれなりの学校に通うつもりならMBA受験のためにもそれなりの時間が必要です。そして入学してからも1年から2年の期間勉強に集中できる環境が必要です。学費はもちろんのこと現地でも生活費や交際などを考えるとかなりの費用がかかるということは覚悟が必要です。
しかし自分への投資だと考えると、キャリアアップのためには最適の資格といえるのではないでしょうか。

Copyright(C)2016 MBA取得はとても大変だが価値はある! All Rights Reserved.